公務員の友人から借金の催促(汗

公務員でキャッシングできる?

友達から借金を申し込まれた

成田で公務員をしている友人が年明け早々、金を貸してくれと言ってきた。彼とはもう長い付き合いでよく一緒にゴルフに行ったり、駅前で酒飲んで居酒屋で寝たりともう10年以上の付き合いになる。

その彼が今日「悪いが10万円ほど都合してくれ」と言ってきた。どうした?と聞くと新年早々暇でパチンコにいって15万ほど負けたというのだ。彼は奥さんに預金も全部管理されているからバレたらまずいと。その穴埋めをしないといけない、と。

私は断りました。「お前よ、俺お前に10万を貸すのはなんら問題もないんだけど、やっぱ友人間の貸し借りはよくないよ。お前も返してくれるとは思うけどさ、もし万が一になったら俺たちの友人としての関係も終わるかもしれない。それだけは避けたいよ。ところでさ、キャッシングとかしてとりあえず銀行口座に入れておけばどうだ?」とアドバイスをすると、

「そうか、でも俺公務員じゃん。キャッシングとか消費者金融って利用すると職場に在籍確認がいくと思うんだよ。俺いま、昇進がかかっているから上司の心象を悪くしたくないんだよね。」

いや、普通のキャッシング会社なら在籍確認をするはずがないと私は直感した。車や家のローンならいざしらず、10万、20万でいちいち在籍確認なんてしないだろうし、もし在籍確認なんかしているようなら誰もお金を借りないでしょう。そしてキャッシングがここまで社会に浸透することはない、と。

そこで公務員 お金借りるについて調べてみた。

公務員が借金をすることについて調べたよ

やはり支払いの延滞や債務不履行がないかぎり、職場には連絡が行かないことが分かった。

そのことを彼に伝えると、「分かった、とりあえず小遣いから1万円づつ返すことにして駅前のアコムかプロミスから借りるわ。あ、でも駅前だと人の目があるからどっかちょっと車で走ってどこかで借りることにする。」

まとめ

まあ、どのみち公務員というのは親方日の丸で社会的な信頼度はどの職業よりも高いはず。でもお金を借りることに頭を悩ますよりもパチンコから足を洗って欲しいと思っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする