私が専業主夫となったワケ

千葉県成田市で専業主夫をやっています。年齢は44歳。奥さんは毎日、東京へ通勤しています。子供は2人。小学校6年の長男と3年の長女です。3LDKで家賃8万円の賃貸マンションに住んでいます。三里塚という、昔、成田空港建設の時に空港反対派と警察の闘争があったようなところです( ゚Д゚)

私は3年前まで秋葉原で家電量販店の店長をしていました。開店は10時なので9時までに出勤しなくてはならず、自宅を7時20分頃出ないと間に合いません。夜の8時くらいまで店にいましたので帰宅は毎日10時を過ぎます。当時は奥さんも仕事をしていましたので子どもたちの面倒は近くに住む私の母が見てくれました。

でも3年前に母が肝臓がんを患い他界しました(T_T)
そうなるとまだ小学校低学年と保育園に通う子どもたちの面倒をみてくれる人がいません。そこで奥さんと話し合い、どちらかが仕事を辞めることにしました。ベビーシッターを雇おうかと考えたこともありましたがフルタイムではいってもらうと、15万円くらいかかるのでそれはあきらめました。当時私の給料は手取りで35万円。奥さんは32万円でした。でも奥さんの会社は有名な都市銀行。しかも彼女は人事部の課長をしていて、近い将来彼女の給料が私の給料を抜くのは目に見えてました。ボーナスをあわせた年収はすでに奥さんのほうが多かったのです。そこで夫婦で話し合って、私が会社を辞め、専業主夫をすることに決まったのです(・∀・)

専業主夫をやって3年経ちますが、私たち夫婦の判断は正しかったと思います。すでに彼女の手取りは37万円。ボーナスも増えています。一方、私がいた家電量販店は赤字が続いて郊外の店舗を閉鎖しているような状況です。共働きの場合、夫婦のどちらが最終的に仕事を辞めるかという判断をしなくてはならないときがあると思いますが今現在の収入ではなく、会社の将来性や自分の昇進の可能性、目の前にいる上司の年収などを考慮にいれて、慎重に判断しないといけません。
最後に、成田市の私が好きな場所ランキングです。

成田山新勝寺
 

成田空港(新東京国際空港)

成田ヒルズカントリークラブ

航空博物館

三里塚さくらの里

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする